HKT矢吹奈子20歳生誕祭で公演復帰 3年ぶり劇場で「なこみく」センター

 今春に日韓合同グループ「IZ*ONE」としての活動を終えたHKT48の矢吹奈子が26日、福岡市の「西日本シティ銀行 HKT48劇場」で自身の20歳の誕生日を祝う「生誕祭」に出演し、約3年ぶりに劇場公演に復帰した。盟友・田中美久と「なこみく」コンビでダブルセンターを組み、成長した姿を見せた。

 矢吹にとっては2018年9月10日の初日以来となったチームHの「RESET」公演。開演後も若干緊張の色を見せたが、ファンが掲げた「Welcome back Nako」と書かれたメッセージボードに「うれしい」と笑顔を見せた。田中とは「ウッホウッホホ」でゴリラ役をなすりつけ合って笑うなど、序盤からほほえましいやりとりを披露。自己紹介MCでは「早く大人になりたかったので、20代になれてうれしい」と話した。ホラー映画「ホラーちゃんねる 樹海荘」の主演が発表された田中が「怖いけど隣には『お化けを倒す軍隊』がいるので」と矢吹のキャッチフレーズをもじって頼りにすると、「いつでも呼んで」と笑顔で応じた。

 ユニットパートでは同公演きってのアイドルナンバーである「逆転王子様」のセンターで登場。ピンク色の衣装を身にまとい、渡部愛加里、上島楓とともにファンを魅了した。

 この日、出演したドラフト3期生以降の後輩たちには「なこみく」に憧れを抱いて加入してきたメンバーも多く、渡部は「『なこみく』は神様がつくった最高傑作」と絶賛。「今日の公演も客席で見たいくらい」と目を輝かせた。

 アンコールでの「生誕祭」本番では田中が仕切りを担当し、松岡菜摘が母親からの手紙を代読。「心優しい子に育ってくれて、自慢の娘です。これからもキラキラ輝けるように全力で応援します」とメッセージを送られ、「ちょっとうるっとしちゃった」と目を潤ませた。

 17歳以来の生誕祭で「変な緊張感がある」と切り出したスピーチ。「韓国から帰ってくる時、不安だったけど、メンバーもファンも温かく迎えてくれて感謝の気持ちでいっぱい。ありがとうございます」と頭を下げた。20歳という節目で福博の地に舞い戻った大器は「大人の一歩を踏み出すところ。この1年はもっともっと幅広くいろんな面で活躍できるように、たくさん努力して、ちょっとでも皆さんの前に立てるように頑張りたい。20歳のなこもよろしくお願いします」と決意を新たにし、メンバーの「おめでとう」の声と、ファンの盛大な拍手で祝福された。(古川泰裕)

関連記事

福岡県の天気予報

PR

PR