地域が、ママ友が、常連が…キャンプ場を救った「手作り」支援の輪

 昨年7月の豪雨で被災した熊本県南小国町満願寺の「山鳥の森オートキャンプ場」が7月末にも営業を再開する。流木や土砂に埋まって継続の危機に立たされたが、友人や常連客を通じて「手作り」の支援の輪が広がり、再起のめどが立ったという。

 キャンプ場は、近くで暮らす井芳文さん(64)夫妻が所有地に温泉を掘り当て2000年に開業。人気を集めていたが、筑後川の源流に当たる一帯も、昨年7月7~11日の豪雨災害で壊滅的な打撃を受けた。...

残り 614文字

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

熊本県の天気予報

PR

開催中

秋の古本まつり

  • 2021年10月13日(水) 〜 2021年10月26日(火)
  • ジュンク堂書店福岡店 2階「MARUZENギャラリー」特設会場

PR