ファンの投票で想定外指名、「運命の日」驚きばかり ドラ3座談会㊥

HKT48×西日本新聞me 10th記念インタビュー ドラフト3期生編(中)

 HKT48の加入期ごとのインタビュー連載、ドラフト3期生編は中盤戦へ。4人の運命を決めたドラフト当日へと話題は移っていきます。(聞き手と撮影は古川泰裕)※取材は6月2日

 ◆座談会の出席者(五十音順) 伊藤優絵瑠(17)いとう・ゆえる、東京都出身、チームH ▽石安伊(20)せき・あい、福岡県出身、チームTⅡ ▽馬場彩華(17)ばば・さやか、佐賀県出身、チームKⅣ ▽渡部愛加里(16)わたなべ・あかり、神奈川県出身、チームH

 -伊藤さんがドラフト会議に参加したきっかけは。

 伊藤「私はHKTが好きだったので、HKTに入るためにオーディションを探していたんですけど、4期生以降はあまりなくて。たまたまドラフトがあって、もしかしたらチャンスがあるかもしれないと思って。(ドラフト2期生の)松岡はなさんとか(今村)麻莉愛ちゃんも(福岡以外の)地方出身だし、自分にもチャンスがあるかもと思って受けました」

 -東京でHKTを好きになる契機は。

 伊藤ユーチューブで『さくたべ』の動画が流れてきて、なこみくさんとか見て。お姉ちゃんも好きだったので一緒に動画を見ていて、何だ、このかわいい子はってなりまして。東京で放送しているテレビ番組って何だろうって思ったら、その時は『HKT48のおでかけ!』(TBSテレビ)があったので、録画して見てました」

東京組のメインコンテンツは「おでかけ」

 -そうか、「おでかけ」を見ていたんだ。

 渡部「見ていました」

 石&馬場「私は見ていなかった」

 伊藤「東京は『おでかけ』しか見るものがなかったので」

 渡部「『HKT48のごぼてん!』(TNC)は東京での放送はなかったしね」

 -東京組にとっては「おでかけ」がメインコンテンツだったんだね。

 渡部「本当に『おでかけ』だったかもしれない。HKTをめっちゃ知ったの」

 伊藤「だよね。でもさ、出られると思っていたら終わっちゃったから。ああ、みたいな」

 「切ない」

 伊藤「ちょうど終わってしまった、みたいな」

 渡部「AKBが好きだったから、とりあえず姉妹グループのテレビも全部見ておこうと思って。『おでかけ』もそうだし、SKEの番組も全部録画していたんです」

 「オタクの鏡じゃん」

 伊藤「ねえ『HKT48 VS NGT48 さしきた合戦』(日本テレビ)見ていた?」

 渡部「見ていた!!」

 伊藤「本当に大好きだった!」

 渡部「めっちゃ覚えています!」

ピースサインの石安伊

 -「HaKaTa百貨店」(日本テレビ)は?

...

残り 4318文字

この記事は会員限定です。

月額1,100円で、全ての記事が読み放題。
今すぐ無料トライアルで続きを読もう。

ビューアアイコン

すべての記事が読み放題

特集が読み放題

記者渾身の特集が読み放題

会員特典

福岡で使える会員特典 プレミアムコース

関連記事

福岡県の天気予報

PR

PR