創成館高グラウンドに「冷却人工芝」導入

 諫早市貝津町の創成館高は28日、県内の高校では初めてグラウンド(約1万平方メートル)を人工芝にすることを発表し、すでに先行して人工芝化した中庭(約2千平方メートル)を公開した。

 運営する学校法人奥田学園の100周年記念事業として実施。総工費約1億円を投じ、人工芝のグラウンドは9月中旬に完成予定。...

残り 225文字

この記事は会員限定です。

月額1,100円で、全ての記事が読み放題。
今すぐ無料トライアルで続きを読もう。

ビューアアイコン

すべての記事が読み放題

特集が読み放題

記者渾身の特集が読み放題

会員特典

福岡で使える会員特典 プレミアムコース

長崎県の天気予報

PR

PR