熊本空港アクセス鉄道整備 最短ルート軸に検討 

 熊本空港とJR豊肥線三里木駅(菊陽町)を結ぶアクセス鉄道整備を巡り、県は28日の県議会特別委員会で、昨年6月に公表した四つのルート案のうち、市街地を地下トンネルで抜ける最短ルート(9キロ)を軸に検討を進める方針を明らかにした。

 特別委では、「工期6年、1日の利用者7500人」という試算を見直した...

残り 463文字

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

関連記事

熊本県の天気予報

PR

PR