コロナ禍にムーミン 岩田直仁

 自由奔放なちびのミイ、気が小さなスニフ、孤独を愛するスナフキン。多彩なキャラクターが織りなすムーミンの物語は、牧歌的で「たのしいムーミン一家」というイメージで親しまれているが、シリーズ小説の第1作はひどく暗いトーンに覆われていたことをご存じだろうか。

 フィンランドのトーベ・ヤンソンがムーミンの物...

残り 909文字

この記事は会員限定です。

月額1,100円で、全ての記事が読み放題。
今すぐ無料トライアルで続きを読もう。

ビューアアイコン

すべての記事が読み放題

特集が読み放題

記者渾身の特集が読み放題

会員特典

福岡で使える会員特典 プレミアムコース

関連記事

PR

PR