師はガンダムをなじる

 SFアニメの大傑作「機動戦士ガンダム」。私が初めて見たのは大学生だった1979年のこと。京都郊外の住宅地を、配達のバイトで汗を拭きつつ回っていた9月の夕方だった。

 ある家の子供たちがテレビを見ている。私も画面に吸い込まれた。今思ってもヒヤヒヤするが、長髪の汚い大男が生け垣越しにのぞくのである。し...

関連記事

PR

社説・コラム アクセスランキング

PR