架空レッカー代で顧客の車修理 JA本渡五和 6年間で3370万円

 熊本県天草市のJA本渡五和は6月30日、自動車共済を担当していた職員6人が架空のレッカー代をJA共済連に請求し、6年間で計約3370万円を不正に取得していたと発表した。保険で対応できない共済契約者の自動車修理費などに充てていたといい、“行き過ぎたサービス”と言えそうだ。

 JA本渡五和によると、6人は事...

残り 298文字

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

関連記事

熊本県の天気予報

PR

PR