ホークス千賀、五輪代表選出へ

 ソフトバンクの千賀滉大投手(28)が東京五輪野球日本代表に選出されることが分かった。代表チーム側は先発も中継ぎも担える剛腕を招集する方針を固めていたが、ソフトバンク側も了承したもようだ。代表の建山投手コーチも視察した6月29日の3軍戦では実戦復帰後最多の99球を投げ、その後も問題はない。左足首の靱帯(じんたい)損傷から驚異的回復を遂げたタカのエースが晴れ舞台に立つ。近日中に正式発表される見通しだ。

 1日にペイペイドームで視察した野球日本代表の稲葉監督は、工藤監督に千賀の状態を確認したことを認めた。その上で、故障で辞退した巨人中川に代わる人選について「中継ぎの専門職を入れるのが良いのか、第2先発的な選手を入れたらいいのか、そこはコーチたちと議論しています」と明言こそ避けたが、メンバー登録期限も迫り決断したもようだ。

 千賀は6日のロッテ戦で1軍復帰予定。東京五輪に向けて「そうなったらしっかりやらないといけない。自分のベストを出すのが絶対条件」と意欲をのぞかせていた。

関連記事

PR

PR