「訓練参加が奏功」早期避難、防災意識高まる

 大分大減災・復興デザイン教育研究センター(CERD)が、天ケ瀬温泉街(日田市天瀬町)で避難訓練の参加者に聞き取り調査をしたところ、多くの住民が早期避難を意識し、昨年7月の記録的豪雨を受けて防災意識が高まったと回答した。回答者のうち3人に2人は図上で避難を考える訓練に参加しており、CERDの鶴成悦久...

残り 507文字

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

関連記事

大分県の天気予報

PR

PR