「無関心や沈黙は、現状肯定とみなされる」 主権者意識を地域から

「あっと・こみゅにてぃ」代表 宮木裕子さん(54)

 「無関心や沈黙は、現状肯定とみなされる」。福岡県議会で速記者として働き痛感した。より多くの人が政治に目を向けるには-。地域を考える対話に光明を見いだし、地元の福岡県福津市で実践している。

 福岡市出身。福岡女学院短期大を1987年に卒業し、アルミ箔(はく)のメーカーに就職した。営業の補助業務をこな...

残り 842文字

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

関連記事

PR

学ぶ!SDGs×企業

  • 2021年10月20日(水)
  • カフェ&コミュニティースペース dot.(ドット)交流スペース

PR