「命さえあれば」熊本豪雨1年 遺族、鎮魂の涙 3市町で追悼式

 災害関連死を含む67人が犠牲になり、2人が行方不明となった熊本豪雨の発生から1年を迎えた4日、人吉、八代両市と津奈木町で自治体主体の追悼式が営まれた。大切な家族を亡くし、自宅を、職場を失った被災者、遺族たち。豪雨の爪痕がなお残る球磨川流域はこの日、犠牲者に黙とうをささげ、早期復興を願う人々の祈りに...

残り 496文字

この記事は会員限定です。

月額1,100円で、全ての記事が読み放題。
今すぐ無料トライアルで続きを読もう。

ビューアアイコン

すべての記事が読み放題

特集が読み放題

記者渾身の特集が読み放題

会員特典

福岡で使える会員特典 プレミアムコース

熊本県の天気予報

PR

PR