「ど根性きじ馬」絵本に 豪雨で人吉から流され、八代海で発見

 昨年7月の熊本豪雨で球磨川が氾濫した際、人吉市から流され八代海で見つかった郷土玩具「きじ馬」の置物を題材に、有志が絵本をつくり、4日発売した。タイトルは「川があふれた!まちが沈んだ日-生きる力をくれたキジ馬くん」。

 きじ馬の置物は同市矢黒町の郷土料理店「ひまわり亭」のシンボルで、樹齢約300年の...

残り 331文字

この記事は会員限定です。

月額1,100円で、全ての記事が読み放題。
今すぐ無料トライアルで続きを読もう。

ビューアアイコン

すべての記事が読み放題

特集が読み放題

記者渾身の特集が読み放題

会員特典

福岡で使える会員特典 プレミアムコース

熊本県の天気予報

PR

PR