観る将【詰まらない話 豊川孝弘6】

 今までの将棋ファンといえば、実際に将棋を指すことで、棋力向上を目指し将棋を楽しんでいるプレーヤーがメインだった。今ではこの人たちのことを「指し将」と呼んでいる。インターネットの普及で、将棋ファンも変化してきた。将棋を指さないで観(み)ることを楽しむ「観る将」が誕生したのだ。ちなみに将棋関連の書籍な...

残り 709文字

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

関連記事

PR

PR