「災害の備えに」携帯トイレを町に寄付

 梅雨終盤の災害が多発する時期を前に、「秋元液化ガス」(福岡県飯塚市)は6月28日、子会社のアキモト酸素が開発し、特許も保有する携帯トイレ50組などを川崎町に寄付した。同ガス会長の秋元正幸さん(78)=飯塚市=が同町池尻出身なので今回の寄付となった。秋元さんは「災害時に最も困るのはトイレ。簡単に用が足せ、...

残り 357文字

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

福岡県の天気予報

PR

開催中

秋の古本まつり

  • 2021年10月13日(水) 〜 2021年10月26日(火)
  • ジュンク堂書店福岡店 2階「MARUZENギャラリー」特設会場

PR