初監督映画がフィリピン、トルコで最優秀賞 福岡市出身の橘潤樹さん

 福岡市出身のCMディレクター橘潤樹(じゅんき)さん(31)=東京在住=の自主制作短編映画「忘れられない」(21分)が、フィリピンとトルコの映画祭で相次ぎ最優秀賞を獲得した。初めて監督した作品での快挙に「支えてくれた人たちに感謝して、映像で社会にどんなメッセージが伝えられるか考えながら活動していきたい」と喜びを語った。

 映画の主人公は、服役中の兄を持つ23歳の男性。中学生の頃から兄弟2人で暮らし、優しい兄が大好きだったが、犯罪によって人生は狂う。婚約者も離れていき、出所目前の兄とどう向き合うか葛藤する。...

残り 289文字

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

関連記事

福岡県の天気予報

PR

開催中

秋の古本まつり

  • 2021年10月13日(水) 〜 2021年10月26日(火)
  • ジュンク堂書店福岡店 2階「MARUZENギャラリー」特設会場

PR