将棋教室【詰まらない話 豊川孝弘8】

 幼少期にさまざまな経験をさせたい、子供の興味や好奇心を大切にし、チャレンジし伸ばしたいと将棋教室へ通うお子さんも増えてきた。若手棋士の活躍も功を奏していると思われる。子供の能力はものすごく、友達が指しているところを見て考え、実際に駒を持ち体験することで刺激となり、一気に開花する子も多い。また将棋教...

残り 715文字

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

関連記事

PR

PR