7200万年前の恐竜の歯 化石2点を発見 天草市の御所浦白亜紀資料館

 天草市立御所浦白亜紀資料館などは、同市の約7200万年前の地層で、草食恐竜ハドロサウルス上科の歯の化石2点を発見したと発表した。資料館は「白亜紀末期まで恐竜が広く生息していた証拠が追加された」としている。17日から8月31日まで、資料館の企画展で展示される。

 資料館によると2018年10月、福井...

残り 325文字

この記事は会員限定です。

月額1,100円で、全ての記事が読み放題。
今すぐ無料トライアルで続きを読もう。

ビューアアイコン

すべての記事が読み放題

特集が読み放題

記者渾身の特集が読み放題

会員特典

福岡で使える会員特典 プレミアムコース

関連記事

熊本県の天気予報

PR

PR