九州北部、「警報級」大雨の恐れ 9、10日、土砂災害など警戒を

 梅雨前線に暖かく湿った空気が流れ込む影響で、九州北部地方は9~10日、局地的に雷を伴った非常に激しい雨が降る恐れがある。各地で警報級の大雨になる可能性も高く、気象庁は土砂災害や低地の浸水、河川の増水・氾濫に警戒を呼び掛けている。

 気象庁によると、朝鮮半島から日本海に位置する梅雨前線が、10日にかけて対馬海峡付近まで南下。前線に南から暖かく湿った空気が流れ込み、大気の状態が非常に不安定になるという。落雷や竜巻への注意も促した。

 九州北部で9日に予想される1時間雨量は、多い所で熊本50ミリ▽福岡、佐賀、長崎40ミリ▽大分30ミリ。同日午後6時までの24時間予想雨量は熊本180ミリ▽福岡、佐賀、長崎120ミリ▽大分100ミリ。その後の24時間は福岡、佐賀、長崎、熊本100~200ミリ▽大分100~150ミリ。 (鶴善行)

PR

PR