「被災者の声」防災に生かす 大分市でパネル展示へ

 県内の大学生でつくるグループ「僕らのヒトシズク」が、昨年7月の豪雨災害の被災者から体験談を聞き取り、社会に還元して防災や復興支援につなげる活動を進めている。メンバーはこれまで2日間にわたって日田市天瀬町の天ケ瀬温泉街を訪問し約20人にインタビュー。聞き取った言葉をパネルに書き込み、近くJR大分大学...

残り 437文字

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

大分県の天気予報

PR

PR