ステーキな大棋士【詰まらない話 豊川孝弘10】

 奨励会に入会すると「記録係」という仕事を任されることがある。仕事内容は、プロ棋士が対局した将棋で、どの駒がどのマス目に移動したのかという指し手を棋譜用紙に書き記したり、指し手にどのくらいの時間がかかったのかをストップウオッチで計り、同じく棋譜に書いたりしていく。対局前の準備に始まり、片付けまで記録...

残り 754文字

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

関連記事

PR

PR