九州3県大雨「昨年を思い出した」 熊本豪雨被災地住民、不安の声

 九州を中心に大雨に見舞われた10日、昨年7月の豪雨で大きな被害に遭った熊本県南部では、住民たちが「また大雨か」と不安な表情を浮かべた。

 昨年に続き大雨特別警報が出された人吉市。避難所の「人吉スポーツパレス」にタクシーで来た同市下林町の横山サカエさん(88)は「昨年の大雨を思い出して恐ろしかった」と語った。昨年は自宅が1・8メートル以上浸水し、修理を終えるまでこの避難所で3カ月間過ごしたという。

 芦北町の仮設住宅で暮らす瀧崎利津子さん(68)は未明から早朝の激しい雷雨に「眠れんかった」とため息。昨年の豪雨で崩れた自宅近くの斜面は対策工事中で「長雨になれば、また崩れるかも」と心配そうにつぶやいた。 (中村太郎、村田直隆)

熊本県の天気予報

PR

開催中

秋の古本まつり

  • 2021年10月13日(水) 〜 2021年10月26日(火)
  • ジュンク堂書店福岡店 2階「MARUZENギャラリー」特設会場

PR