憧れ【詰まらない話 豊川孝弘11】

 僕がお世話になった先輩棋士の一人に真部一男九段がいる。真部先生は、色白で端正なお顔立ちをしており、ダンディーな低音ボイスの持ち主だった。いわゆるイケメンの人気棋士で「棋界のプリンス」と呼ばれていたほどだ。しかも若い頃は体操部だったそうで筋骨隆々だった。真部先生は、情報番組にレギュラー出演し、時代劇...

残り 722文字

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

関連記事

PR

PR