広がる夏空、日傘にかき氷 県内も梅雨明け

 九州北部地方の梅雨明けが発表された13日、熊本県内は各地で日中の最高気温が30度を超える真夏日となった。照り付ける太陽の下、市街地では日傘が目立ち、かき氷でクールダウン。水辺は「涼」を求める人たちでにぎわい始めた。

 ビルが並ぶ熊本市中心部は、強い日射で体感温度がぐんぐん上昇。日傘が目立つ中、スーツ姿のサラリーマンは日陰に逃げ込み、汗をぬぐっていた。同市西区の古賀美紀子さん(68)は「マスクで息苦しいくらい暑い。今年は県内で雨の被害がなくて良かった」。

 熊本城に隣接する観光施設「桜の馬場城彩苑」では、アイスク...

残り 442文字

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

熊本県の天気予報

PR

PR