瀬川ちゃん【詰まらない話 豊川孝弘12】

 サラリーマンから将棋の世界に返り咲いた不屈の棋士がいる。瀬川昌司六段だ。修業時代、僕たちはご近所さんだった。風呂なし4畳半生活という同じ貧乏スタイルで、一緒にご飯を食べたり風呂に行ったり、同じ研究会に勉強したりと青春時代を共に過ごした仲間だった。彼は穏やかな性格で、内気で優しいみんなの人気者。気づ...

残り 703文字

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

PR

PR