日本で初の柿酢商品化 九州酢造(福岡県粕屋町) 案浦龍己社長

 筑後川中流域の契約農園の福岡県産富有柿を使って柿酢を製造販売する。原材料は柿のみ。昔ながらの製法で発酵と熟成をさせ、1年半以上をかけて作る。手間が生む、深い酸味と甘さが特徴だ。

 1980年に先代の父が日本で初めて柿酢を商品化した際には採算がとれないと周囲から反対されたという。...

残り 171文字

この記事は会員限定です。

月額1,100円で、全ての記事が読み放題。
今すぐ無料トライアルで続きを読もう。

ビューアアイコン

すべての記事が読み放題

特集が読み放題

記者渾身の特集が読み放題

会員特典

福岡で使える会員特典 プレミアムコース

PR

PR