ぎっくり腰【詰まらない話 豊川孝弘13】

 思いがけない衝撃とは突然やってくるものである。僕は修業時代、とても貧しい生活をおくっていたので、将棋連盟で記録係という勉強修業をよく行っていた。バイト料までもらえる上に、将棋の勉強にもなるという、まさに一石二鳥。記録係というのは、その名の通り、プロ棋士の対局の時間を計り、対局記録を紙に書いていくと...

残り 704文字

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

PR

PR