「北九州の台所」歴史と雰囲気継承 旦過市場の新施設、基本設計公表

 北九州市は15日、区画整理事業を計画している過(たん  が)市場(同市小倉北区)に新設する4階建て複合商業施設の基本設計の概要を明らかにした。歴史や雰囲気を受け継ぎつつ、「北九州の台所」として愛され続ける市場をコンセプトとして掲げた。2023年度の完成を目指す。

 新施設は現市場の南側(約2800平方メートル)に建設。1~2階が商業スペース、3階以上は駐車場(約150台分)となる。北九州モノレールに面することから、旦過駅との接続通路の設置も検討している。工事費は約14億5千万円。

 現在の商店街を含む全区画は5地区に分割して順次解体する。新施設の予定地区は22年度後半にも解体を始める。川沿いの地区も地権者らが施設を整備する。一連の区画整理事業は27年度中に完了予定。(山下航)

福岡県の天気予報

PR

福岡 アクセスランキング

PR