栗原「球宴も五輪も常に100パーセント」 4種のグラブ用意

 オールスターに監督推薦で初出場するソフトバンクの栗原陵矢捕手(25)がメットライフドームで幕を開ける16日の第1戦を前に、昨季の日本シリーズに続く最優秀選手(MVP)獲得への意欲を示した。「(今年は)僕にしか(日本シリーズに続くMVPの)チャンスがないので取れることなら取りたいです」と意気込んだ。

 全パを率いる工藤監督は「栗原には(展開に応じて外野のほか)三塁や一塁、場合によっては捕手も」と明言する。東京五輪の野球日本代表にも初選出されているだけに、持ち前の万能性を全国に披露するだけでなく、五輪に向けての貴重な実戦機会ともなる。五輪への思いも日に日に高まっている。グラブは「一塁用、外野用、三塁用、捕手用の4種類を用意した」と、準備に余念はなく、球宴終了後に仙台市での代表合宿に参加する。「本当にいつ、どこでどういう形で出るか分からないけど、常に100(パーセントの力)で出られる準備を」と腕をまくった。 (山田孝人)

関連記事

PR

PR