アルティアムで最後の展覧会 

 8月31日(火)まで、福岡市・天神のイムズ8階三菱地所アルティアム。同ギャラリーで展覧会を開いた経験がある作家7人が8月末のイムズ閉館に合わせた作品展を開催。

 アルティアムは、イムズ開業の1989年から「新しい表現の場」として、現代美術など多彩な催しの会場となってきた。最終展のタイトルは「絶望を覆すことができない恋を正義とせよ、きみが、死んでも残る花。」で、出品作家の一人、詩人最果タヒさんの詩から取った。ほかに写真家の津田直さん、ドイツ在住の美術家塩田千春さんらの作品が並び、同ギャラリー32年の最後を飾る。

 入場料は一般400円など。アルティアム=092(733)2050。

関連記事

福岡県の天気予報

PR

開催中

黒の扉

  • 2021年12月2日(木) 〜 2021年12月7日(火)
  • 福岡アジア美術館7階企画ギャラリーB

PR