高校野球福岡県大会きょう開幕 香椎工進出、32校出そろう

 第103回全国高校野球選手権福岡大会の県大会が17日、開幕する。北部、南部大会の3回戦を突破した計32校が、甲子園への1枚の切符を懸けて熱戦を繰り広げる。シード校は16校のうち11校が勝ち上がった。順調に進めば、決勝戦は27日、久留米市野球場で開かれる。

 北部勢は、山本大揮投手、柳川大晟投手、内山将投手ら豊富な投手陣を誇る九州国際大付、計13イニングを1失点の左腕、松本翔投手を擁する真颯館に注目が集まる。シード校の戸畑や北筑、飯塚も力がある。東筑紫学園を破った折尾愛真、2試合連続コールド勝ちの星琳は勢いがある。

...

関連記事

福岡県の天気予報

PR

福岡 アクセスランキング

PR