1番柳田、逆方向へ技あり打 プロ野球オールスター第1戦

◆マイナビオールスターゲーム第1戦 全パ4-5全セ(16日、メットライフドーム)

 ソフトバンクの柳田が自身3年ぶりとなった球宴で、技ありの一打を披露した。1番中堅でスタメン出場。1点リードの五回1死一塁からタイミングを外されながらも、巧みなバットコントロールで逆方向の左前へはじき返した。

 「子どもたちも見ているし、そういう野球ファンの方のために打てればいい」。2打席連続で凡退していただけに、2018年の第2戦(熊本)以来となる安打となり、一塁では安堵(あんど)した表情も浮かべた。

 東京五輪に臨む野球日本代表「侍ジャパン」の主力の一人。稲葉監督も「1番から4番を打つ力を持っている」と話しており、五輪本番でも1番起用の可能性はある。「球宴は超一流選手が同じチームとなって戦うので刺激になり楽しかった」と柳田。金メダルを目指す戦いを前に、弾みをつけた祭典となった。 (山田孝人)

関連記事

PR

PR