『サッカーピラミッドの底辺から』後藤貴浩著 地域クラブに焦点

 サッカーと聞けば、国の代表やトップリーグが思い浮かぶ。ただ、それらはほんの一握り。その下で多くの人がピラミッド構造を支えている。本書は「底辺」にスポットを当てる。熊本、大阪、東京などの地域クラブをフィールドワーク。規模やレベルは違うが、どこも運営は厳しい。とはいえ経済の論理だけで語ることはできない...

残り 117文字

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

関連記事

PR

PR