【日高逸子物語】南の島が変えた運命 次の夢は「ツアーコンダクター」

水上のグレートマザー日高逸子物語(11)

 新聞配達員からウエートレスに転職しようと考えた日高逸子は、新宿・歌舞伎町に足を踏み入れた。喫茶店の店長との面接は順調だったが、逸子の一言で雲行きが怪しくなった。

 「住み込みで働きたいのですが」

 店長は渋い表情を浮かべた。

 「住み込みは正社員だけなんだ。アルバイトでは…」

 アパートを借りる余裕のない逸子は粘った。

 「正社員並みに働きます。どうかお願いします」...

残り 966文字

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

関連記事

福岡県の天気予報

PR

PR