九州三セク鉄道、存続の正念場 コロナで客離れ、災害が追い打ち

 通勤・通学、買い物や通院など「地域の足」になっている九州の第三セクター鉄道が、新型コロナウイルスの影響で大打撃を受けている。主な収入源の鉄道収入が激減。もともと旧国鉄の赤字ローカル線や、整備新幹線開通でJRから経営分離された並行在来線で、以前から採算は苦しく、存続の正念場を迎えている。

 九州の三セク鉄道は、国鉄時代に比べ、列車を増発するなど経営努力を続けてきた。松浦鉄道や、甘木鉄道、平成筑豊鉄道は、全国の三セク鉄道の中でも比較的経営状況が良く、一時は「三セク鉄道の優等生」と呼ばれたこともあった。

 一方、少子高齢化による通学客の減少や、自家用車の普及による沿線住民の利用減といった構造的問題を抱えている。そこにコロナ禍や昨年7月の熊本豪雨が追い打ちをかけた。...

関連記事

PR

開催中

瀧下和之展

  • 2021年7月28日(水) 〜 2021年8月2日(月)
  • 福岡三越9階美術画廊
開催中

真夏の古本まつり

  • 2021年7月18日(日) 〜 2021年8月3日(火)
  • ジュンク堂書店福岡店 2階 MARUZENギャラリー

PR