大量の「プラごみ」を前にぼうぜん

 ぼうぜんとなった。ボランティアで海岸清掃を続ける男性に同行した時のこと。訪れた福岡市・志賀島の砂浜には、ペットボトルや発泡スチロール片など大量のプラスチックごみ(プラごみ)が漂着。汗にまみれ2時間かけてごみ袋11個分を集めたが、拾っても拾っても減らないのだ。

 世界中で今、膨大なプラごみが海に流出...

関連記事

PR

開催中

瀧下和之展

  • 2021年7月28日(水) 〜 2021年8月2日(月)
  • 福岡三越9階美術画廊
開催中

真夏の古本まつり

  • 2021年7月18日(日) 〜 2021年8月3日(火)
  • ジュンク堂書店福岡店 2階 MARUZENギャラリー

PR