「2人で勝つ」友と見た夢、後輩に託す 【熱球】

沖学園3年・水崎康平投手

 背番号1を背負ってマウンドへ。四回、球数が増えていた先発の栗林斗輝投手から「後を頼んだ」と託された。1点を追う展開に誓った。「ゼロで抑えて勝ちにつなげよう」

 プロも注目する右腕ながら、この3年、平たんではなかった。2018年に甲子園に初出場した沖学園に憧れ、入学を決めた。だが、入部後はけがが重なり、もどかしい日々が続いた。...

関連記事

福岡県の天気予報

PR

福岡 アクセスランキング

PR