福工大城東と沖学園、8強進出ならず 高校野球福岡大会

 第103回全国高校野球選手権福岡大会で、都市圏勢は20日、沖学園と福岡工大城東が5回戦に出場したが、シード校同士の戦いにいずれも敗れ、8強に届かなかった。

 沖学園は九州国際大付に1点を先制されたものの、五回に一死満塁の好機をつくり、2点適時打で逆転。だが、六回に再逆転を許すと、さらに得点を奪われて、2-6で敗れた。

 福岡工大城東は飯塚と対戦。2点を追う五回、相手投手の制球の乱れから1点を返したが、その後は1安打に封じられ、1-5で涙をのんだ。

 都市圏勢は福岡大大濠と筑陽学園が8強入り。両校は23日、久留米市球場で、4強を懸けて対戦する。 (飯村海遊)

関連記事

福岡県の天気予報

PR

開催中

瀧下和之展

  • 2021年7月28日(水) 〜 2021年8月2日(月)
  • 福岡三越9階美術画廊
開催中

真夏の古本まつり

  • 2021年7月18日(日) 〜 2021年8月3日(火)
  • ジュンク堂書店福岡店 2階 MARUZENギャラリー

PR