揺らめく猛暑 #この一枚

 全国的に広く高気圧に覆われた20日、九州地方は各地で最高気温35度を超える猛暑日になった。佐賀市で36・1度、福岡県久留米市で35・9度など今年一番の暑さを記録した。福岡管区気象台によると、21日以降も暑い日が続く見込みで、熱中症への警戒を呼び掛けている。

 気象庁によると、佐賀県白石町35・8度▽福岡市中央区35・6度▽福岡県太宰府市、八女市、長崎県佐世保市、佐賀県伊万里市35・5度-でいずれも今年最高を観測した。

 21日は福岡、佐賀両県で最高気温が35度になる予報。気象庁と環境省は、危険な暑さに注意し、熱中症予防の行動を求める「熱中症警戒アラート」を福岡県に出している。 (梅沢平)

関連記事

PR

PR