「人間の尊厳」掲げる大会なのに

 世界中が注目する晴れ舞台で日本の大恥をさらすところだった。目前に迫った東京五輪の開会式で楽曲制作を担当したミュージシャンの辞任である。過去に雑誌で告白した少年時代の「いじめ」が批判を浴びていた▼その内容は、いじめという次元をはるかに超えた、残忍で凄惨(せいさん)な暴力。障害のある同級生を箱に閉じ込めたり、服を脱がせたり…。もっとひどいこともしたと語っているのだが、とてもここには書けないおぞましさだ...

関連記事

PR

開催中

瀧下和之展

  • 2021年7月28日(水) 〜 2021年8月2日(月)
  • 福岡三越9階美術画廊
開催中

真夏の古本まつり

  • 2021年7月18日(日) 〜 2021年8月3日(火)
  • ジュンク堂書店福岡店 2階 MARUZENギャラリー

PR