ジャマイカ名物チキン 糸島の「夏の風物詩」に

【福岡を食べる】

 週末は多くの人でにぎわう福岡県西部の糸島半島。玄界灘に沈む夕日の絶景ポイント・二見ケ浦の老舗カフェ「SUNSET(サンセット)」は、海岸沿いに店がほとんどなかった30年前にオープンした。名物料理として長く知られているのがジャークチキンだ。ジャマイカの郷土料理が、なぜ糸島で-。

 サーフィン好きの林憲治さん(60)が1990年、「サーフポイントの前で暮らしたい」という思いから小屋を建て、営業を始めた。ほどなくサーファーや“遊び人”が集うように。93年には野外音楽フェスタ「サンセットライブ」が店先でスタート。初回の観客は500人ほど。関係者は「国内の野外フェスの源流」(深町健二郎プロデューサー)と自負する。...

残り 1062文字

この記事は会員限定です。

月額1,100円で、全ての記事が読み放題。
今すぐ無料トライアルで続きを読もう。

ビューアアイコン

すべての記事が読み放題

特集が読み放題

記者渾身の特集が読み放題

会員特典

福岡で使える会員特典 プレミアムコース

関連記事

福岡県の天気予報

PR

PR