脱炭素促進策乏しく 欧米は拡充、競争力低下も

 21日に示された新たなエネルギー基本計画の素案では、再生可能エネルギーの急拡大など脱炭素化を前面に打ち出したものの、その実現に向けた環境整備の具体策への言及は乏しかった。世界では脱炭素化を機に経済成長を目指す動きが加速する中、日本は国際競争力が低下する懸念が残る。

 日本は脱炭素化を実現するための...

残り 617文字

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

関連記事

PR

PR