再エネと原発の課題棚上げ 首相表明の目標数字ありき 政府基本計画の改定素案

 経済産業省が示したエネルギー基本計画の素案は、「脱炭素電源」と位置付ける再生可能エネルギーと原子力が抱える本質的な課題を棚上げした。政府の温室効果ガス排出量の削減目標ありきで策定したため、その実効性には疑問符がつく内容となった。

 経産省は当初、各省庁や産業界との調整で削減量を積み上げた。...

残り 405文字

この記事は会員限定です。

月額1,100円で、全ての記事が読み放題。
今すぐ無料トライアルで続きを読もう。

ビューアアイコン

すべての記事が読み放題

特集が読み放題

記者渾身の特集が読み放題

会員特典

福岡で使える会員特典 プレミアムコース

PR

PR