混乱の五輪とSNS、不寛容な社会への危うさも

 五輪開閉会式に携わる制作・演出メンバーで続いた辞任と解任劇は、過去のインタビューやコントの内容がインターネット上で炎上したことが発端となった。この問題を通じて、過去の振る舞いが指弾されるのは著名人に限らず誰にでも起こり得るという、ネット社会の危うさも見えてくる。「世間学」が専門の九州工業大、佐藤直樹名誉教授に聞いた。...

残り 724文字

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

関連記事

福岡県の天気予報

PR

PR