海星コールド勝ち 第1シード大崎も4強 高校野球長崎大会

 第103回全国高校野球選手権長崎大会(長崎県高野連など主催)は22日、長崎市の県営野球場で準々決勝2試合があり、今春の選抜大会に出場した第1シードの大崎と、一昨年の夏の大会で優勝した海星がそれぞれ勝利し、準決勝に進出した。

 大崎は初回、鹿町工の主戦平道投手から4番松本選手の2点適時打などで3点を先制...

残り 701文字

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

関連記事

長崎県の天気予報

PR

開催中

久木朋子 木版画展

  • 2021年10月13日(水) 〜 2021年10月18日(月)
  • 福岡三越9階岩田屋三越美術画廊

PR