国民・玉木代表が長崎入り 1区一本化「まず本部で協議」

 次期衆院選を前に、国民民主党の玉木雄一郎代表は22日に長崎県内入りした。長崎市内では記者会見を開き、自民、国民、共産が擁立を予定する長崎1区での野党候補の一本化について、「政策、理念的な違いもあり、それを乗り越えていけるのか、党全体の問題にも関わる。まずは党本部の協議に委ねたい」と話した。

 一方で、...

残り 212文字

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

関連記事

長崎県の天気予報

PR

PR