農業用ダム、少雨で節水 放流量を当面3割削減 宇佐市

 大分県内一の穀倉地帯、宇佐市の3土地改良区でつくる駅館川土地改良区連合(理事長・是永修治宇佐市長)は23日から、管理する農業用ダムの節水に取り組む。日出生、日指、香下の3ダムの放流量を各30%カットする。期間は貯水量が回復するまでの当分の間としている。

 同連合によると、流域の降雨状況は平年比で6月が...

残り 136文字

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

関連記事

大分県の天気予報

PR

PR