事前合宿のコロナ対策、どう乗り切った? カメルーン受け入れの日田市

 東京五輪のカメルーン選手団26人の大部分が、事前キャンプ地の日田市を離れた。受け入れ側の市や宿泊ホテルは、新型コロナウイルス感染対策が最大の使命だった。見えないウイルスから選手団を守るために、選手団をどうサポートしたのか。関係者を取材した。

 「日田で感染したら選手団にとって大変な事態になる。(受...

残り 625文字

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

関連記事

大分県の天気予報

PR

PR