福岡で152人感染、3日連続で100人超え

 福岡県では23日、新たに152人の新型コロナウイルスの感染が確認された。新規感染者が150人を超えるのは5月30日以来。3日連続で100人を上回った。

 発表自治体の内訳は福岡市88人、北九州市24人、久留米市5人、県35人。22日に感染者として公表された1人が取り下げとなった。

 熊本県では18人が陽性と判明。23日までに従業員と利用客計9人の感染が分かった玉名市のスナックでクラスター(感染者集団)が発生した。

 佐賀県で4人、長崎県で12人、大分県で5人、宮崎県で9人、鹿児島県で19人の感染が分かった。

 インド由来の変異株「デルタ株」の感染者は佐賀県で1人確認。デルタ株の感染疑いは福岡県で17人、佐賀県で6人、大分県で2人判明した。

PR

PR