熊工、延長サヨナラ勝ち 八代も逆転勝利 4強出そろう

 第103回全国高校野球選手権熊本大会(県高野連など主催)は23日、リブワーク藤崎台球場(熊本市)で準々決勝2試合があり、熊本工と八代が準決勝進出を決めた。これで4強が出そろった。

 熊本工は二回二死から3者連続安打で2点を先制。一時は3点差まで開くも八代工が粘りを見せて同点とし勝負は延長戦に。十一...

残り 367文字

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

熊本県の天気予報

PR

PR